未分類

金貨の種類と投資

2017年8月10日

金貨には、収集型金貨と地金型金貨の2種類があります。オリンピック記念硬貨や王室が発行する金貨など、コインマニアの方が収集するデザイン性や希少性の高いものが収集型金貨で、市場の需要によって購入時の価値よりも高くなることがありますが、人気がなくなると市場価格が下落してしまう可能性があるため、投資には向いていません。

一方、地金型金貨は、金の価格をベースとして、発酵故国の造幣局が金貨を製造するときのコストや輸送費などのプレミアムという上乗せ金を合わせた金額で取引されるものです。市場の金の価格の動向によって価格が変動しますが、ほとんどの金かは発行元の政府が品質を保証しているため、安全、安心に取引できるというメリットがあります

地金型金貨には、さまざまな種類があり、市場でよく出回っているものとして、南アフリカ共和国のクルーガーランド金貨、カナダのメイプルリーフ金貨、中国のパンダ金貨、オーストラリアのカンガルー金貨、アメリカのイーグル金貨、バッファロー金貨、イギリスのブリタニア金貨などがあり、日本では、カナダのメイプルリーフ金貨が人気となっています。メイプル金貨は、カナダ王室造幣局が発行しているもので、優れた鋳造技術と安定した供給量かきたいできることから本物志向の方にも人気となっています。