未分類

金貨の種類と投資

By on 2017年8月10日

金貨には、収集型金貨と地金型金貨の2種類があります。オリンピック記念硬貨や王室が発行する金貨など、コインマニアの方が収集するデザイン性や希少性の高いものが収集型金貨で、市場の需要によって購入時の価値よりも高くなることがありますが、人気がなくなると市場価格が下落してしまう可能性があるため、投資には向いていません。

一方、地金型金貨は、金の価格をベースとして、発酵故国の造幣局が金貨を製造するときのコストや輸送費などのプレミアムという上乗せ金を合わせた金額で取引されるものです。市場の金の価格の動向によって価格が変動しますが、ほとんどの金かは発行元の政府が品質を保証しているため、安全、安心に取引できるというメリットがあります

地金型金貨には、さまざまな種類があり、市場でよく出回っているものとして、南アフリカ共和国のクルーガーランド金貨、カナダのメイプルリーフ金貨、中国のパンダ金貨、オーストラリアのカンガルー金貨、アメリカのイーグル金貨、バッファロー金貨、イギリスのブリタニア金貨などがあり、日本では、カナダのメイプルリーフ金貨が人気となっています。メイプル金貨は、カナダ王室造幣局が発行しているもので、優れた鋳造技術と安定した供給量かきたいできることから本物志向の方にも人気となっています。

未分類

資産運用の種類と金貨投資

By on 2017年8月5日

現在、先行き不透明な世界経済や年金制度などから個人貯蓄額が過去最高の伸びを示していると言われています。超低金利時代となっていることから、銀行などの金融機関に預金しても利息が期待できないため、いわゆるたんす貯金で自宅に資産を眠らせたままという人も少なくないようです。資産運用に資金を回している人も多いようですが、さまざまな種類や特徴があり、それに伴うメリットやデメリット、リターンとリスクが混在しているため、見極めが困難となることもあります。

従前は、その安定性から人気のあった国債は、固定金利のものについては低金利と現代では、全くメリットがありません。変動金利10年ものについては、安定性、安全性とともに購入後、1年が経過すれば1万円単位での換金が可能であるという魅力がありますが、多額の負債を抱えている日本がデフォルトしないという保証はありません。

個人投資では、株式やFXなどが比較的初心者でも手を出しやすいとして人気となっています。なかには、ハイリスク、ハイリターンなものがあるとともに信用取引やレバレッジ取引の運用により、資金を上回る額を投資することができるため、巨額の損失を抱えてしまうこともあります。

投資信託は、投資のプロが資金を運用して利益が配分されるものです。定額投資、分散投資が可能で比較的リスクは低いと言えますが、バリエーションに富んだなかから商品を選択する難しさ、売買の度に手数料がかかるというデメリットもあります。そんななか、金貨への投資が注目を浴びています。